HIGHLIGHT 見どころ

FOREWORD はじめに

世界中の人々から愛され続ける「ピーターラビット」。その作者、ビアトリクス・ポターの生誕150周年を記念し、国内最大規模の展覧会を開催いたします。
ビアトリクス・ポターは1866年7月、ロンドンで生まれました。幼少期から動物や植物のスケッチが大好きだったビアトリクスは、避暑地として家族と訪れた湖水地方の豊かな自然に出会い、生涯魅了され続けました。彼女の自然への深い愛情とまなざしはピーターラビットシリーズの世界観に色濃く反映されています。ビアトリクスは絵本作家として得た収入をもとに念願だった湖水地方に移り住み、自然保護活動の先駆者、農場経営者としても活躍しました。
本展は、英国ナショナル・トラストが所蔵する貴重な絵本の自筆原画やスケッチ、彼女の愛用品など200件以上の作品・資料が出品され、そのほとんどが日本初公開となります。社会で女性が活躍するのが難しかった当時、強い意志とあふれる才能で時代を切り開いたビアトリクスの人生に焦点をあてながら、『ピーターラビットのおはなし』の原点や絵本シリーズの世界を展観していきます。

CHAPTER1 第1章

世界中で愛され続けている「ピーターラビット」はどのように生まれたのでしょうか? ビアトリクスの創作の原点を探りながら、知られざる“ピーター”の誕生ストーリーに迫ります。第1章では、1901年に自費出版された最初の『ピーターラビットのおはなし』(私家版)の全原画44枚を日本で初めて一挙公開いたします。物語を知っている人も知らない人も楽しめるよう、『ピーターラビットのおはなし』を丁寧に読み解きます。

ビアトリクス・ポター
素描「ピーターラビット」

英国ナショナル・トラスト所蔵
ビアトリクス・ポター
私家版『ピーターラビットのおはなし』

英国ナショナル・トラスト所蔵
ビアトリクス・ポター
私家版『ピーターラビットのおはなし』の表紙絵のためのインク画

英国ナショナル・トラスト所蔵
ビアトリクス・ポター
私家版『ピーターラビットのおはなし』の挿絵のためのインク画

英国ナショナル・トラスト所蔵

CHAPTER2 第2章

『ピーターラビットのおはなし』で一躍人気絵本作家となったビアトリクスは、自然豊かな湖水地方の田園を舞台に、動物たちが繰り広げるのどかでユーモラスな作品を次々と生み出しました。ここでは、水彩で描かれた絵本シリーズの自筆原画やスケッチ、草稿を公開いたします。なかでも1929年用『ピーターラビットの暦本』の原画はすべて初来日。ビアトリクスが作りあげた絵本の世界の魅力を探ります。

ビアトリクス・ポター
『ベンジャミン バニーのおはなし』の挿絵のための水彩画

英国ナショナル・トラスト所蔵
ビアトリクス・ポター
『ベンジャミン バニーのおはなし』の挿絵のための水彩画

英国ナショナル・トラスト所蔵
ビアトリクス・ポター
1929年用『ピーターラビットの暦本』の挿絵のための水彩画

英国ナショナル・トラスト所蔵

CHAPTER3 第3章

絵本作家としてだけでなく、自然保護活動家、農場経営者、商品プロデューサーという多彩な顔を持ったビアトリクスの人物像に迫ります。ビアトリクスが実際に暮らし、絵本にも描かれたヒルトップ農場はナショナル・トラストにより今も当時のままの姿で保存されており、その中から彼女が大切にしていた愛用品やぬいぐるみ、陶磁器などを紹介いたします。

ウェッジウッド ピーターラビット グリーンライン
英国ナショナル・トラスト所蔵
ビアトリクス・ポター(デザイン)
ピーターラビットのぬいぐるみ

英国ナショナル・トラスト所蔵
デルマー・バナー
ビアトリクス・ポターの晩年の肖像画

英国ナショナル・トラスト所蔵
ビアトリクス・ポターが愛用した人形
英国ナショナル・トラスト所蔵
ヒルトップ農場
Photo / Sony Creative Products Inc.

PAGE TOP